【子連れヨーロッパ】家族で楽しむベネチアの旅

今年の夏休みは、家族3人初めてのイタリア旅行。

憧れのベネチアを訪れました。

街中に張り巡らされた運河や建物が美しく、シャッターが止まらない…

ベネチアから少し離れた離島も個性豊か。

4歳の娘もたくさん楽しめた5日間となりました。



2023-07-27〜2023-07-31

ベネチア・マルコポーロ国際空港から船でベネチア本島まで向かいます。

チケットなどは船着場の窓口で購入可。

片道15ユーロ、往復27ユーロです。往復で買うと少しお得なので帰りの分も購入!

空港からは4種類のルートが出ています。今回の滞在先がリアルト橋付近だったのでオレンジのラインに乗車。


今回の宿泊先はリアルト橋から徒歩5分のAirbnb。

子連れ旅行ということもあり、疲れたらすぐ戻って来れる場所に宿泊先を取ることが必須でした。


内装もナチュラルテイストにリノベーションされていて、とても過ごしやすかったです。

キッチン付き1LDKのアパートで最大4名まで泊まれます。


キーコードを教えてもらってセルフチェックイン!

夜ご飯のレストランを探しながら、アパート付近をお散歩。

街中に通る運河とそれに掛かる橋がどれも素敵。

橋ごとに個性があり思わず立ち止まってしまいます…♡


ベネチア1日目のご飯は『Trattoria AL Bomba』にて。

ナチュールワインと創作料理が楽しめるトラットリアです。

お店の方がとても親切で、娘用にメニューにはないトマトペンネを作ってくれました。

料理もワインも本当に美しく、美味しかったです。

比較的新しいレストランでまだあまり知られていなさそうな穴場のレストラン。

この日は予約なしで入ることができました。


朝ごはんは近くのカフェでエッグトースト。

腹ごしらえが終わったら、お散歩しながらショッピングへ。



観光名所リアルト橋へ。

カナル・グランデにかかる橋の一つで橋の上からは運河に沿った街並みを一望できます。

とても大きな橋で、なんと橋の上には商店が立ち並んでいます。


これぞ、べネチア!という景色に感動です!


ベネチアの雑貨屋さんをめぐり、お目当てのものをいくつかゲット。

『The M Venezia』のアクセサリーは可愛くて必見です。

娘は好きなビーズを選んでブレスレットにしてもらいました♡



たくさん歩いたのでお昼は軽くテイクアウトし、アパートに戻って昼寝。

娘のお昼寝中にこっそりジェラートをいただきます♡

憧れのベネチアゴンドラに乗船!

ベネチアの街は人で溢れ賑わっていますが、運河の上はとても静かで時間もゆったりとしています…。


ちょうど陽も傾いてきて、水面に映る光もとても綺麗でした。


値段は80ユーロ(1船貸切、30分)

19:00以降は100ユーロです。

今はゴンドラの料金が統一されているのでぼったくられることもなく安心です。

乗船場所は何ヶ所かあるのですが、それぞれコースが違います。

今回私たちは主要な箇所を周れるオロセオロ運河から乗船しました。

予約がなくても乗れますが、その場合は30分ほど並びます。


ここでしかできない体験…!

実際乗船してみて、これはこの金額を出す価値あり、と思いました♡




ゴンドラから下船後、オロセオロ運河からすぐのサンマルコ広場へ。

ベネチアのシンボルともいえるサン・マルコ寺院は圧巻の輝き。



夜ごはんはAirbnbオーナーさんのおすすめ『BEPI ANTICO54 da LORIS』にて。

少し路地に入ったローカルなレストランです。

味は抜群!実は後日もう一度行きましたが、何を頼んでも美味しかったです!


そのあとは昨日ディナーをした『Trattoria Al Bomba』の併設バーへ。

夫がフランスでワインの仕事をしていることもあり、店員さんと話が大盛り上がり。

お隣で飲んでいたお姉さんはフランス語が少し話せて、娘と一緒に遊んでくれました。


帰りにジェラート屋さんに寄り道し帰路へ。




おばあちゃん達が営むお惣菜やさんで、サンドイッチやアランチーニをテイクアウト。


まだ行ったことのないエリアを散策。


昨日の夜バーで出会ったお姉さんの働くワインバーへ。

タパスとワインを注文。

イタリアのナチュールワインを沢山取り揃えるバーで、それに合わせたタパスもとても美味しかったです♡


またどこかで会えたらいいな、、と思える素敵な出会いでした。


次の目的地に向けてまたお散歩。

くねくね迷路のような街なので、歩いているだけでも色々な発見があり楽しい。

徒歩必須で、こどもは疲れやすいのでゆっくり休憩を挟みつつ進みます。


ベネチアガラスの島『ムラーノ島』へ。

島内には沢山のガラス屋さんが立ち並んでいます。

カラフルなものが多いベネチアングラスですが、私たちはこのシンプルなデザインに惚れて2種類購入。

一つ一つ若干形が違うのも温かみが感じられてとても好きです。

本日も朝から街歩き。

船着場に向かって歩いていきます!


船に乗って向かうは『ブラーノ島』!

カラフルな建物が立ち並ぶブラーノ島は360°どこを見渡しても可愛い!

かつて漁師さんが自分の家を間違えないように、家を色々な色に塗ったんだとか。


軽食をとりながら、散歩します。

ブラーノ島はベネチアンレースでも有名な島。

島内にはレースを扱うお店も沢山ありました。

子供用のレースで出来た小さなドレスなどとても可愛かったです。

ベネチア本島に戻ってきて、アパートまでまた散策します。

猫ちゃん達にも沢山会えました♡

アパートで休憩したあと、少しショッピングへ。

サンタ・マリアノヴェラの香水、ポプリ、化粧水やMARVISの歯磨き粉を購入。


『Plazzo Contarini del Bovolo』はガウディを彷彿とさせるような美しい螺旋階段の建物。

日中は中に入って見学することも可能です。


残念ながら行きたかったレストランがお休みだったため、

近場のレストランに入りアパートに戻ります。

最終日の朝ごはんは『Farini』で。

ふわふわのピザ、ティラミス、サンドイッチどれも美味しくて

もっと早く来ればよかったと後悔…



チェックアウトをし、リアルト橋方面へ。

橋や階段が多いベネチアなのでスーツケースを持って移動するのは結構大変…

今回私たちは時間がなかったのでスーツケースを持ち歩きましたが、

荷物が多い方は、どこかに預けることをおすすめします!



ベネチア最後のランチは『Birraria La Corte』で。

クリームリゾットがとても美味しかったです。

地元のクラフトビールも飲めました♡



非常に名残惜しいのですが、時間が来てしまったので空港まで向かいます。

リアルトの近くの水上バス停から乗車です。

バイバイ、ベネチア!

飛行機に乗ってフランスまで帰ります。


ずっと憧れだった街。

本当に素敵な時間を過ごせました。

ハネムーンや女子旅はもちろん子連れでも十分楽しめました!

娘は移動手段の船やゴンドラ、運河にいる魚たちを観察するのが楽しかったそうです♡


またいつか訪れたい場所の一つになりました。


Comment

41

コメントをしたい場合は登録ログインが必要です。