常夏のリゾート『グアム』で過ごす2泊3日ご褒美リトリート旅

日本から3時間ほどで行ける常夏の島、グアム。

少ない日数でも非日常が味わえる、自分へのご褒美旅におすすめのリゾート地です。


透明度バツグンの美しい海、お洒落なカフェやグルメ、ショッピング。

大人の女子旅にもぴったりのグアムの魅力をお届けします。



2023-04-12〜2023-04-14

《成田空港⇨グアム国際空港》

11:00時発 15:50着


グアムへは便数が多く就航しているユナイテッド航空を選びました。

到着が夕方なので初日から十分満喫できます。



《空港⇨市内》

空港から市内中心部へは車で15分ほど。

タクシーもありますが、私はStrollという配車アプリを利用。

グアム版Uberで、日本でアプリをダウンロードして認証しておけば、現地ですぐ使うことができます。

事前に登録したクレジットカードで決済なのでチップも考えなくて済み、楽でした。

 

▪️Stroll $17.6 (約2400円)

《グアムのホテル選び》


グアムにはたくさんホテルがありますが、オーシャンビューの海沿いと道路を挟んだ山側とで大きく価格が分かれます。

とは言え、海が全く見えないのも寂しい、ということで


①パーシャルビューなど少しでも海が見えること ②清潔感と価格のバランス ③観光しやすい立地


ラグジュアリーを求めたらキリがありませんが、この3つを考慮して比較検討し、コスパ重視で選びました。


1泊目のホテルは、『Royal Orchid Guam Hotel』に。

結果、とても良かったです!

お部屋は広々としていてソファがあり、水回りは広くて大理石調でキレイ。

シャワーとバスタブが分かれていて、広めのクローゼットやトイレのウォシュレットがあったのも日本人には嬉しいポイント。

電子レンジがあるのでテイクアウトしてお部屋で食事を取ることもできます。


オーシャンビューではないものの、お部屋からは遠くに海が見えます。


立地はタモン中心部からは少し距離がありますが、観光に便利な赤いバスのバス停がすぐ近くなので困りませんでした。

ホテル1階にはステーキの人気店『Tony Roma's』があり、すぐ隣にはABC storeもあるので便利です。

ビーチも近く、向かいにはプールが充実しているPICがあるのでお子様連れの観光拠点としても良いと思います。

コスパ重視の方にはおすすめのホテルです。

観光客にも人気なレストラン『Beachi'n Shrimp』にて軽めの夕食を。

グアムに数店舗あり、タモン中心部にもありますが、ホテルのすぐ近くにもあったので寄ってみました。


人気メニューのココナッツシュリンプをオーダー。

カリカリに揚げられたエビはプリプリで、スイートチリソースをつけながら頂きます。

量が多いのでシェアがおすすめです。



オーダー:ココナッツシュリンプ$19.99 マンゴージュース$5.25


【Beachi'n Shrimp / Flame Tress Plaza店】

住所:Flame Tree Plaza Tumon GU, 540 Pale San Vitores Rd, Tamuning

営業時間:10:00-21:00

ホテル近くのイパオビーチにサンセットを見に。

残念ながら曇りで太陽は隠れていましたが、空と海が幻想的なパープルに染まり、そのグラデーションの美しさに思わず見惚れてしまいました。



イパオビーチはシュノーケリングスポットとしても有名な透明度の高いビーチです。

タモン中心部から西側に離れているのでそこまで混雑しておらず、ゆっくり過ごすことができました。


ビーチへ行く途中にはローカルの人気レストラン『PROA』があります。

ビーチ周辺には芝生エリアがあるので、Beachi'n Shrimpなど周辺レストランでテイクアウトしてピクニックを楽しんでも。

ホテルに戻る前にABC storeを散策。

ハワイやグアムではお馴染みのコンビニです。


コスメコーナーにはバラ撒き土産にぴったりなボディケアアイテムがたくさん。

《WAIWAI》はハワイブランドですが、プルメリアやココナッツなど南国らしい香りが揃ったボディミルクやソープがあり、ミニサイズなので香り違いでの購入もおすすめ。

パッケージが可愛いので自分へのお土産にして、日差しが強いグアムで早速使い香りに癒されていました。

ABC storeには食品はもちろん、コスメ、アクセサリー、マグネットなどのお土産、Tシャツなども揃っています。

パワーストーンのブレスレットは色合いとキラキラ感に惹かれ、グアムのワンピースに合わせたいと思い旅の思い出に購入しました。

すぐ使えるリゾートらしい柄のビーチサンダルやカラフルなエコバッグもお土産にぴったり。

PM 7:30

グアム

グアムの美しい夕暮れを感じながらホテルへ。

翌朝から楽しむために初日はゆっくり過ごし早めに休みます。

《朝食の人気店で絶品パンケーキ》


2日目は朝から楽しみにしていたお店、『The Kracked Egg』へ。

パンケーキやフレンチトースト、エッグベネディクトなど朝ごはんにぴったりメニューがたくさんあり、ローカルにも観光客にも人気なレストランです。


たくさんのメニューの中から、王道でシンプルなバナナのバターミルクパンケーキを注文!

パンケーキはフレーバーが9種類あり、定番のブルーベリーやバナナなどの他にも、アメリカらしい真っ赤な生地のレッドベルベッドなども。

3枚重ねでそれぞれ味を変えることもできます。


熱々の焼き立てで運ばれてきたパンケーキは、生地がふわふわもちもち!

生地の中にバナナが練り込まれていて、程よい甘さと塩気が美味しかったです。お好みでシロップをかけて。

とってもボリュームがあるのでこちらもシェアがおすすめです。



オーダー:Butter Milk Hotcake (Banana) $12.95  

The Cracked Eggは朝から大盛況なので、朝食で利用したい場合は朝イチがおすすめです。


平日7時オープンで8時前に行きましたがすでに何組か入店しており、お店を出る9時頃には外に列ができていました。

お昼過ぎにお店の前を通った際は混雑は緩和され席が空いていたので、ピークの午前中を避けて訪れるのも良いかもしれません。



【The Cracked Egg】

住所:1051 Pale San Vitores Rd, Tamunig

営業時間: 月〜金7:00-15:00 土日6:00-15:00


《インテリアが可愛い!フォトジェニックなカフェ》


事前に調べていて絶対行きたいと思っていたカフェ『Elevenses』

グアムには2店舗あり、こちらの路面のお店の他にミクロネシアモールの中にもあります。


とにかく店内のインテリアがキュートでピンクのネオンサインがフォトジェニック。

席数は多くないですが家具もこだわっていてソファ席もあるので落ち着く空間です。

カフェですがドライフラワーなども販売していました。

歩いてとても暑かったので炭酸ドリンクをオーダー。

私が調べていて気になったドリンクの写真を見せたのですがメニューにはもうなかったようで、それでも快く作ってくれました。


ベリー系の甘酸っぱさが暑いグアムにぴったり。

カフェではいつもラテなどを頼みますが、南国ではついフルーツ系や炭酸ドリンクが飲みたくなります。



オーダー:Sparkling pitaya blanca $4.50


【Elevenses】

住所:535n S Marine Corps Dr, Tamuning

営業時間: 7:00-18:00 (日曜11:00-18:00)

AM 10:00

Kmart

歩いてKマートに。

アメリカらしい大型スーパーで、食料品や日用品、衣料品、グアム土産までなんでも揃っています。

日本にないカラフルなパッケージや大容量の商品がたくさんで、ぶらぶらするだけでも楽しい!


飲食店も入っているので歩き疲れたら休憩するのも。

ホテルで一息ついたら、散歩がてら海を見に出かけました。

PICホテルの横の小道から向かうと、小さな階段を降りた先にビーチに出ることができます。


正直ビーチリゾートよりはシティ派だったのですが、今回訪れたグアムの海は本当に透明度が高くキラキラしていて感動しきりでした。

みずみずしいブルーのグラデーションが美しくて、夏の間は海の写真をロック画面にしていたほど。

大人になってから、より自然の癒し効果に惹かれるようになってきたのかもしれません。

《ローカルに大人気!絶品バーガーでランチ》


グアムらしいランチが食べたくて、ハンバーガーの人気店『Hambros』に。

観光客だけでなく地元の人にも人気だそうで、グアム在住のタクシードライバーさんにもこちらをオススメされました!


看板の出ている大通りから小道を入り、鮮やかなブルーの外壁が目印です。

先に席を取り、レジカウンターで注文とお会計をしてテーブルで待つスタイル。


頼んだのは王道人気のベーコンチーズバーガー。

フレンチフライ付きのセットもありますが、単品でも十分なボリュームで満足感がありました。

ふわっとしたバンズに、新鮮な野菜とまろやかなチェダーチーズ、そしてパテはとってもジューシーで美味しかった!

人気なのも納得です。

ボリューミーなので男性でも満足できますし、他にもたくさん種類があるので数人でシェアしても良いかも。



オーダー: Bacon Cheese Burger$11.50 Pink Lemonade $4



【Hambros】

住所:1108 San Vitores Ln, Tamuning

営業時間:日〜木11:00-20:30   金〜土11:00-21:30 (火曜定休)

《お洒落なお土産探しにぴったり、JPストア》


DFSなどの近く、タモン中心部にあるJPストアには定番から少し凝ったものまで、グアムらしいお土産があリます。

クッキーやチョコなどのお菓子はもちろん、南国らしいフォトフレーム、可愛いパッケージの石鹸などのコスメ類、様々な商品が並びます。

定番のお土産以外にもカジュアルブランドの洋服や雑貨も取り扱っていて、お洒落なセレクトショップのような雰囲気。


私はキッチン雑貨のコーナーで南国らしい柄のキルトマットに惹かれ、自分へのお土産にしました。

フロアもそこまで広くないので観光の合間に寄るにはちょうど良い規模です。

歩き疲れてハーゲンダッツのアイスを。

JPストアの入口にあり、大理石柄のイートイン席があるので買い物の休憩にオススメ。


甘酸っぱくフレッシュなマンゴーとフランボワーズのフレーバーを選びました。

一つのボリュームがかなりありますが、濃厚で美味しかった!


オーダー:2 Flavor(Cup) $11

2泊目の滞在は『Holiday Resort & Spa Guam』を選びました。


赤いバスの停留所が目の前にあり、ビーチもタモン中心部へもすぐアクセスできるので観光には便利な立地です。

建物自体は少し古いですが、ロビーの雰囲気が素敵で、部屋の広さも十分でした。

お部屋にはバルコニーがあり、ホテル目の前の海を眺める時間が至福!

朝起きて海を眺められるのはやっぱり贅沢で、リゾート気分を高めてくれます。



ホテル敷地からすぐ行けるビーチは中心部よりかなり空いており、お子様と遊んだりゆっくり楽しむには穴場かもしれません。

こちらもコスパ重視の方にはおすすめのホテルです。





夕方からはハガニアエリアに向かいます。

観光にぴったりな《赤いバス》の6時間券をネットで事前購入し、QRコードを見せて乗り場から乗車。


バスはミクロネシアモールからDFSなど中心部を通りアウトレットまでの路線で、レンタカーではない場合は重宝します。

オープンエアの席もあり、風を感じて街の景色を見ながら移動できるのも楽しい!

《ヘルシーなアサイーボウルでビタミンチャージ》


アウトレットからはStrollで移動し、ハガニアにある人気店『Mighty Purple Cafe』に行ってきました。

スタイリッシュな外観がフォトスポット!

店内席や外のベンチ席もありますがテイクアウトしていく人も多く、常に列ができるほど観光客や地元の方で賑わっていました。



アサイーボウルとアサイースムージーがあり種類豊富ですが、一番人気のMighty purple smoothieを選びました。

スモールのスムージーでもかなりの量でボリューム。

イチゴやバナナなどのトッピングがのったものもフォトジェニックでした。

チャモロヴィレッジでは水曜夜にナイトマーケットが開催されるので、その前に寄るのもオススメ。



オーダー:Mighty purple smoothie $8


【Mighty Purple Cafe】

住所:173 Aspinall Ave Suite 102, Hagatna

営業時間:月火9:00-18:00  水〜土 9:00-19:00 日12:00-17:00

中心部に戻ったら帰りにグアムプレミアムアウトレットを散策。


アウトレットの規模としては小さめですが、スポーツブランドやフードコートなどが入っています。

ハワイで有名な《Honolulu Cookie》があり、グアム限定のパッケージのものもありました。

アウトレットでは《Calvin Klein》でインナーと着心地の良いスウェットを購入しました。

スポーツウェアやスウェット、アンダーウェアなど種類も豊富。

メールアドレス登録でアウトレット価格からさらにお安くなったので、気に入ったものがあればかなりお得です。


ABCマートもあるので、スパムむすびなど食品と、お土産にパンケーキミックスを。

パンケーキミックスはパッケージも可愛く、簡単に調理できて美味しいのでオススメ!


ホテルに戻り購入品や写真の整理をしてゆっくり過ごします。

《自分好みにカスタム!アサイーボウルで朝ごはん》


最終日の朝はホテル近くの『Ignite Juice Bar』へ。

グアムローカルにも人気のアサイーボウルカフェ、タムニングに続きオープンした2号店です。


特徴はトッピングをカスタムできること!

ベースを3種から選び、トッピングをケースから好きなだけ選べます。

ケース内にはたくさんのフルーツやナッツなどがあり、指差しで頼むことも◎


ベースはケールなどが入ったGREENSにして、トッピングはストロベリー・マンゴー・ブルーベリー・ハニーをチョイス。

シンプルですが、スモールでも結構な量があり満足感があります。

ひんやり冷たいスムージーとみずみずしいフルーツたっぷりで、暑さや疲れが吹き飛びます。


ヘルシーで美味しくて、ついジャンクなものが多くなる旅行中には嬉しいメニューです。

朝食後にHoliday resort & Spaの目の前のビーチを散策しました。


木陰もあるので波の音を聴きながら何もしない贅沢を堪能することに。

透明度の高いアクアブルーの海に癒され、しっかりエネルギーチャージできました。

最終日のランチはBBQランチボックスの人気店『Heavy Hitters』で。

グアムといえばのビビッドピンクの外壁がフォトスポットのお店です。


開店前から列ができる人気ぶりで、観光客はもちろん、10人分をテイクアウトで頼んでいる男性もいました。

混雑時は少し待ち時間があるかもしれません。

フルサイズはかなりのボリュームなので、ハーフサイズをチョイス。

人気メニューのTrioはご飯の上にBBQチキンとビーフ、ソーセージ、マカロニがのったランチボックスです。

甘辛のBBQソースがしっかり絡んだお肉はジューシーで、満足感たっぷり!

テリヤキ味に馴染みのある日本人の口に合います。


テイクアウトしてホテルのバルコニーやビーチで食べるのもオススメです。



【Heavy Hitters】

住所:144 Fujita Rd STE 101, Tamuning

営業時間:11:00-21:00

《グアム国際空港→成田空港》

17:00発 19:55着


帰りは夕方発の便なので14時半頃に空港へ向かい、最終日までゆっくり楽しむことができました。


街自体がコンパクトにまとまっていて観光もしやすく、開放的なリゾート気分を味わうことができるグアム。

日本からも近いのでリフレッシュしたい時は気軽に来られるのも魅力です。




最後まで読んでくださりありがとうございました!

次の旅の参考になれば幸いです。



▪️旅の様子はインスタグラムでも発信しています

Instagram: https://www.instagram.com/marina1214/


Comment

86

コメントをしたい場合は登録ログインが必要です。