サムネイル

フロリダ

SPECIAL CONTENTS

初めてでも安心! フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの基本情報&直営ホテルをご紹介

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートは、フロリダ州オーランドにあるディズニーリゾート。

世界に6つあるディズニーリゾートの中でも最大の敷地面積を誇り、世界中のディズニーファンが一度は行きたいと願う憧れの場所です。

この記事では、「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートに行ってみたいと思っているけれど、初めてでよくわからない…」「他のディズニーリゾートと何が違うの…?」という方向けに、アクセス方法やチケットの選び方、各パークの特徴からディズニー直営ホテルまで、詳しくご紹介します。

PR:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル

01ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの基本情報をチェック

広大な敷地のディズニーリゾートであるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート。

4つのパーク(マジックキングダム・パーク、エプコット、ディズニー・ハリウッド・スタジオ、ディズニー・アニマルキングダム)に加えて2つのウォーターパーク(ディズニー・タイフーン・ラグーン、ディズニー・ブリザード・ビーチ)、ホテルやゴルフ場などのレジャー施設が揃う、究極のバケーションデスティネーションです。

その広大な敷地は、なんと山手線の内側面積の約1.6倍!存分に満喫するには、1日1パークで少なくとも丸4日、ウォーターパーク等へ行く時間も含めると最低でも1週間の滞在をおすすめします。

広大な敷地内を効率的に回るには、アプリの活用が必須。アプリについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

02日本からのアクセス方法

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの最寄りの空港はオーランド国際空港。

日本から直行便はないため、アメリカやカナダの各都市で乗り継ぎして向かうことになります。所要時間は17時間前後。

オーランド国際空港からウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートまでは、車で約40分で到着。

民間のシャトルバス(MEARS CONNECT)や、ライドシェア等を利用すると便利です。ライドシェアはUberやLyft等で予約できます。

03パークチケットの種類

訪れる日や日数によってチケットの値段が異なります。休日や特別なイベント時は高めに。

入るパークの数によりチケットの種類も異なるので、どのようにパークを巡るか計画を立ててから購入しましょう。

  • パークチケット:1日に4つのテーマパークのうちのどれか1つに入れる
  • パークホッパー・オプション:1日に複数のパークに入れる
  • パークホッパープラス・オプション:1日で複数のテーマパークに入園できる他、ウォーターパークなど他のアクティビティーにもアクセス可能
  • ウォーターパーク・アンド・スポーツ・オプション:1日1パークの他、ウォーターパークやゴルフコースなどのスポーツ施設を利用可能



以前は各テーマパークに入園するには事前のパーク入園予約が必要でしたが、2024年1月からは不要になり、日付指定チケットを購入するのみで入園可能になっています(※ただし一部例外あり)。

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートは非常に広大で、各パーク間の移動にも時間がかかるため、初めて訪れる場合は1日1パークずつじっくりと遊べるパークチケットがおすすめです。

04ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの4つのテーマパークを解説

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートにあるテーマパークは4つ。

こちらの記事では4つのテーマパークを、開園した順番にご紹介していきます。

また、それぞれのおすすめのアトラクションやレストランについては別の記事で詳しく解説しているので、そちらも参照ください。

05マジックキングダム・パーク

一番初めに開園したマジックキングダム・パークは、世界中の子供達が抱くおとぎ話の夢が叶う場所。

パークの中心にシンデレラ城があったり、パレードが行われたりと年齢関係なく楽しめ、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートの中でも一日の入場者数が一番多いという人気No. 1のパークです。

6つのテーマランドに分かれており、歴史あるアトラクションや魅惑的な花火ショー、ミュージカルパレード、人気のディズニーキャラクターとの触れあいを楽しめます。

テーマランド

  1. メインストリートUSA
  2. ファンタジーランド
  3. リバティースクエア
  4. フロンティアランド
  5. アドベンチャーランド
  6. トゥモローランド

06エプコット

2番目に開園したエプコットは実験的未来型都市。敷地面積はマジックキングダム・パークの約2倍!

ウォルト・ディズニーが構想した近未来の地球と世界の文化をテーマにしたパークで、まるで万国博覧会のよう。

4つのテーマランドに分かれ、迫力満点のアトラクション、魅力的な各国のパビリオン、数々の賞に輝いた花火ショーや季節のスペシャルイベントを楽しめます。

11​​か国あるパビリオンのうちの一つは日本館。中には日本食レストランがありキャストの方も日本語を話せるので、慣れない英語でのオーダーに疲れた時はぜひこちらへどうぞ!

テーマランド

  1. ワールド・セレブレーション
  2. ワールド・ディスカバリー
  3. ワールド・ネイチャー
  4. ワールドショーケース

07ディズニー・ハリウッド・スタジオ

ハリウッド黄金時代の煌びやかさと魅力に満ちたディズニー・ハリウッド・スタジオは、映画の世界を作り出す魔法を楽しめるテーマパークです。

エンターテインメントの本場であるハリウッド映画の中に飛び込んだような体験をしたり、映画や舞台のメイキング風景を見学したりしながらショービジネスの魅力を満喫できます。

9つのテーマランドに分かれており、アメリカにしかない『スター・ウォーズ』のエリアがあるため、日本人にも人気が高いパークです。

テーマランド

  1. ハリウッド・ブルーバード
  2. エコーレイク
  3. コミサリー・レーン
  4. グランド・アベニュー
  5. スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ
  6. トイ・ストーリーランド
  7. アニメーション・コートヤード
  8. サンセット・ブルーバード
  9. ピクサー・プレース

08ディズニー・アニマルキングダム

世界中の野生動物や鳥たちと、刺激的な冒険が楽しめるディズニー・アニマルキングダムは、マジックキングダムの5倍の敷地面積。世界のディズニーパークの中でも最も広いパークです。

そこに住むのは、なんと本物の動物達!野生動物保護に対するウォルト・ディズニーの姿勢を反映し、約300種、2,000頭以上の動物が自然界に近い環境で暮らしています。

全部で7つあるテーマランド内で、様々な動物たちを観察したり触れ合ったり…。映画『アバター』をテーマにしたエリアでは、映画に登場する生物「バンシー」と共に空を飛ぶ体験をすることも!

現在と過去、そして空想の生き物たちと、見たこともないような冒険に出掛けることができます。

テーマランド

  1. オアシス
  2. ディスカバリー・アイランド
  3. パンドラ:ザ・ワールド・オブ・アバター
  4. アフリカ
  5. ラフィキズ・プラネット・ウォッチ
  6. アジア
  7. ダイノランドUSA

09ディズニー直営ホテルに泊まって効率的にパークを回ろう

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートには、直営ホテルがなんと25以上もあります。

それぞれ多様なテーマのディズニーの世界が繰り広げられた個性豊かなホテルなので、滞在中に複数のホテルに泊まるのもおすすめです。

直営ホテルには、5種類のリゾートタイプが設定されています。

  • デラックス・リゾート:最高級のサービスを体験でき、パークからのアクセスも抜群。窓からパークの夜景を堪能できたり、シェフのミッキーに会えたりするホテルもあり。
  • デラックス・ヴィラ:別荘のようなホテルで、キッチンがついていたりと暮らすように滞在でき、家族や大人数での滞在におすすめ。
  • モデレート・リゾート:価格もアクセスもバランスの良いホテル。
  • バリュー・リゾート:お手頃価格でディズニーの世界に浸れます。
  • キャンプグラウンド:大自然の中でキャンプを体験できます。

今回の取材では、バリュー・リゾートでファミリースイートが多い「ディズニー・アート・オブ・アニメーション・リゾート」に宿泊。

棟によってコンセプトが異なり、『ファインディング・ニモ』『カーズ』『ライオン・キング』『リトル・マーメイド』の4つの映画の世界が楽しめます。

(『リトル・マーメイド』の棟はファミリースイートではありません)。

編集部の客室は『ファインディング・ニモ』の棟に。部屋一面ブルーで、置かれている家具もインテリアもまるで海の中にいるかのよう!

ロビーに並ぶ原画タッチのイラストも必見です。とても可愛らしいホテルなので、お子さんと一緒の旅行にもぜひどうぞ。

10直営ホテルに泊まると最大限にパークを楽しめる特典が!

ディズニー直営ホテルに宿泊すると、旅の間中ディズニーの世界にどっぷりと浸れるだけでなく、様々な嬉しい特典がついてきます。

中でも特に注目すべきは、テーマパークに30分早く入園できるアーリー・テーマパーク・エントリー。

アバター・フライト・オブ・パッセージやスター・ウォーズ:ライズ・オブ・ザ・レジスタンスなどの大人気アトラクションに朝一番に並ぶことができるので、効率よくパークを巡りたい人は要チェックです。

さらに、直営ホテルの中でもデラックス・リゾートおよびデラックス・ヴィラに宿泊しているゲストには、特定日の夜、一部のテーマパークで通常の閉園時間より長くパークに滞在することができるエクステンデッド・イブニング・アワーという特典が2025年も継続。

また、ディズニー直営ホテル宿泊者は、リゾート内のトランスポーテーション・サービスやテーマパークの標準パーキングを無料で利用可能です。

思い切り遊び疲れ果てた1日の終わりに、ホテル行きのバスでサッと帰れるのはとても助かります。

体力を温存し、また次の日思う存分パークを楽しむためにも、ディズニー直営ホテルは非常におすすめ。

11ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートで究極のバケーションを!

一度の訪問ではとても遊び尽くせないディズニーリゾート、ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート。

ディズニー好きの方だけでなく全ての人におすすめしたい、究極のバケーションデスティネーションです。上手に回って、この広大な魔法の国を楽しみ尽くしましょう!

©2024 Disney
©2024 Disney/Pixar
©2024 MARVEL
© &TM 2024 Lucasfilm Ltd.

MUSE

この記事を書いたライターのプロフィール画像
tabimuse編集部tabimuse編集部

旅を愛する人のためのコミュニティプラットフォーム「tabimuse」。 国内外の素晴らしいデスティネーションの旅情報をお届け。tabimuseがプロデュースするオリジナ...

VIEW MORE