エバー航空で行く“台北経由、パリの旅”

エバー航空のビジネス&プレミアムエコノミークラスを利用し、台北経由でパリを訪れました。

数年前に比べてヨーロッパへの旅行が時間もお金もかかるようになった今だからこそ、新しく提案したいのが【移動中、経由地、目的地の全てを楽しむ】という旅のスタイルです。


台北ではカフェや台湾グルメにマッサージ、パリではホテルや美術館、世界遺産観光やショッピングなどを満喫。

1度の旅で全く雰囲気の異なる2つの街の魅力を味わうことができました。


「格付で5つ星を獲得した世界のエアライン10社」の一つで、とても評判の良いエバー航空。

実際に利用して感じたCAの方々のホスピタリティやシートの心地良さ、美味しい機内食についてもご紹介します。

2023-05-24〜2023-05-27

[PR] エバー航空

海外からの観光客が急増中のため、混雑することも多い羽田空港。

ビジネスクラス利用の場合、専用カウンターにてチェックインや荷物の預け入れを行えるためとてもスムーズでした。

免税店でお買い物をした後はラウンジへ。

エバー航空はスターアライアンスメンバーなので【ANAラウンジ】を利用できます。

朝食を食べ、出発までのんびりと過ごしました。

エバー航空 BR189便にて、台北の松山空港へ出発。

【プレミアムローレルクラス】という名のビジネスクラスで、3時間40分の空の旅です。


優先搭乗の時間に乗り込み、離陸までの間ウェルカムドリンクを頂きながらリラックスタイム。

この時点で既にCAの方々の丁寧で物腰柔らかなサービスに心地よさを感じました。


離陸後はすぐに昼食の時間。

機内で選ぶこともできますが、事前のWeb予約でしか選べないメニューがあるので前もってチェックするのがおすすめです。

しばらく和食と離れるということで、鶏肉の鍬焼きメインのお料理を選んでいました。


食事も美味しくホスピタリティも素晴らしく、さすが5つ星評価のエアラインだなと実感しているうちにあっというまに台北に到着しました。


-- blog エバー航空 Business & Premium Economy --

https://lepetitjournal.jp/2023/06/04/evaair-businessclass/

PM 2:00

台北駅

今回私たちは台北の市内中心部に位置する【松山空港】に到着し、市内観光をした後に【桃園空港】からパリへ出発するというスケジュールでした。

この場合、松山空港到着時に預けたスーツケースを受け取る必要があります。


そんな時に利用したいのが【インタウンチェックイン】という、台北駅でチェックイン及び荷物の預け入れを行うことができるサービスです。

松山空港から台北駅までは車で約15分、UBERで1500円しないほどの近さなのでとても便利でした。


私たちの航空券は団体チケットだったためインタウンチェックインはできませんでしたが、台北駅構内にあるロッカーに荷物を入れて観光に繰り出しました。

(クレジットカード、LINE Pay:利用可)

まず向かったのが台北駅から徒歩6分のマッサージ屋さん【足満足養生館】。

ローカル感漂う雰囲気ですが日本語を話す受付の方がいて、各席にはコンセントがありスマホの充電も可能です。

とても上手なマッサージ師さんに日々のデスクワークで凝り固まった頭や首肩を存分にほぐしてもらい、いつになく軽い足取りで次の目的地へ。

(クレジットカード:手数料5%で利用可、予約無し可)

台北には韓国風やヨーロッパ風など様々なタイプのおしゃれなカフェがありますが、今回は台湾らしさを感じるカフェ【榕美樹館】を訪れました。

台湾スイーツとして有名な豆花がメインのカフェで、Instagramでも大人気のお店です。


豆花の他、メニューの写真を見て惹かれたわらび餅を注文。

想像以上に豆花の量が多かったので、シェアするのが大正解でした。

(クレジットカード:利用可)


-- 榕美樹館 Instagram --

https://www.instagram.com/ronmuseum/

台湾に行くならやっぱり外せないのが小籠包。

カフェから歩いて10分ほどの場所にある【金品茶樓】で夕飯を頂きました。


円安とは言え小籠包8個で800円程なので、日本のレストランで食べるよりもやっぱりお得。

メニュー数がとても多かったので店員さんにおすすめを聞きながら、小籠包以外にもチャーハンや海老そぼろのレタス包みなどを味わいました。


こちらはもともとお茶屋さんにルーツを持つショップとのことで、お土産にお茶を買うのもよさそうです。

(日本語メニュー:有、クレジットカード:利用可、予約推奨)

観光を終え、台北駅でスーツケースをピックアップし【MRT桃園空港線】に乗って空港へ移動しました。

各駅に止まる普通列車で50分、快速列車で35分ほど、料金は約700円です。

券売機はクレジットカード利用不可ですが、タッチ決済ができるクレカそのものを改札にタッチすると切符代わりとなりとても便利でした。


空港到着後チェックインを済ませ、エバー航空の【Infinityラウンジ】へ。

(台北→パリへはプレミアムエコノミー利用のため通常はラウンジ利用不可ですが、取材につき特別に利用させて頂きました。)


ダイニングエリアでは噂の焼き芋を食べてみたかったものの満腹で断念。

食事類のほか、自身でタピオカとミルクティーを混ぜて作るタピオカスタンドやアイスクリームコーナー等もありました。

シャワールームもとても綺麗でドライヤーの威力もバッチリ。

混み合うので早めに受付にて予約することをおすすめします。


ちなみに桃園空港Terminal2にはカードラウンジの他、誰でも無料で利用できるシャワールームもあるようなのでご利用の際はぜひ調べてみてください。

台北の街中でシャワー付きのSPAを受けてから飛び立つプランもよいと思います。


PM 11:40

Taipei

BR87便 にて、いざパリへ。

飛行時間は今回の旅で最も長い15時間。

正直なところ乗る前は少し不安だったのですが、結果的に体感として最も短く感じたのがこのフライトでした。


この便で利用した【プレミアムエコノミークラス】はエコノミークラスと比べてシート幅や前の席との間隔が広く、フットレストもあるので足のむくみが軽減されました。

アメニティはFURLAコラボのポーチにリップクリームやアイマスクなどが詰まっていて実用的。

シートの楽さに加え日中の台北観光で程よく疲れていたこと、また深夜便ということもあり、離陸後すぐに眠りに落ちていました。

そこから12時間ほど1度も起きることなく、気づけば着陸2時間前の朝食の時間に。


海外エアラインのフライトでは食事の時間に寝ていた場合、起こされるケースが珍しくありません。

でもエバー航空では眠りの邪魔をされることなく「お好きな時間にお食事をお持ちします」というシールが貼られており、ここでもホスピタリティの高さを実感。


熟睡し体力回復をしたところで、朝のパリに到着しました。

朝9時ごろ、パリのCDG空港に到着。

空港からパリ市内へはシャトルバスの他タクシーも定額で便利ですがクレジットカードが使えない場合もあるので、UBERやG7などの配車アプリもおすすめです。


道路が渋滞していたため70分程度でパリのホテルに辿り着きました。

着替えてから荷物を預け、まずはホテル付近をお散歩。


最高のお天気の中【凱旋門】周辺や【シャンゼリゼ通り】を歩いたり、モンテーニュ通りの【Dior】を覗きに行ったり。

こちらのDiorは店内も美しくカフェも併設しているので、お買い物をせずとも訪れる価値ありです。

隣接している【Galerie Dior】の展示も素敵なのでおすすめです。


PM 12:00

Bustronome

お昼はJTBで予約していた【Bustronome(バストロノーム)】という、ガラス張りの2階建てバスに乗ってパリの見所を車窓から眺めながらフレンチのコース料理を味わえるツアーに参加しました。


凱旋門のすぐそばから出発し、エッフェル塔やルーヴル美術館、オペラ座などパリの必見SPOTを巡ります。

お料理は簡易的なものではなく、バスの1階でシェフが調理した本格的なもの。

前菜、魚料理、肉料理、デザートの4コースランチがEUR70.00、+ワインやコーヒーなどのドリンク付でもEUR90.00で、とてもリーズナブルだと感じました。

ディナーは更に品数が増えてEUR120.00/EUR150.00とのこと。

陽が沈むのが早い冬期であれば夜景を楽しむことも可能です。


スリに怯える必要もなく、暑さや寒さも気にせず、美しいパリの街を眺めながら美味しい食事を食べられるコスパ抜群のバスツアーでした。


-- Bustronome x JTB Website --

https://column.jtb.co.jp/plan/AG1BA/GPARA1AAAA


チェックインの時間となり【Hotel Splendid Etoile】へ向かいました。

パリでViewを重視するならエッフェル塔の見えるホテルを選びがちだったけれど、凱旋門を見渡せるこちらのホテルもずっと気になっていたのです。


凱旋門のサイドビューを楽しめるこの部屋は、SUPERIOR ROOM WITH BALCONYというカテゴリ。

パリのホテルにしては充分な広さでバスタブもあり、絶景を眺められる4つ星ホテルにも関わらずお値段が高すぎないのも嬉しいポイント。

スタッフの方々も感じがよかったので、おすすめしたいホテルの一つとなりました。


-- blog / Hotel Splendid Etoile --

https://lepetitjournal.jp/2023/07/31/hotelsplendidetoile/

滞在したホテルから徒歩5分の距離に、雑誌ELLEがプロデュースするホテル【Maison ELLE Paris Etoile】がありました。

宿泊者以外もカフェやバーの利用ができるということで覗きに行くことに。


スイーツが美味しいようですがお腹がいっぱいだったので、今回はドリンクだけ頂きました。

お洒落なインテリアやブティックに置かれたMaison ELLEグッズを見るのも楽しかったです。

館内にスパやヨガスペースなどもありスタッフの方の接客も素晴らしく、ホテルから外へ出なくても素敵な時間を過ごせそうな空間でした。


-- Maison ELLE Instagram --

https://www.instagram.com/maisonelleparisetoile/

夕飯はエッフェル塔付近のサン・ドミニク通りに位置する【Café Lignac】へ。

複数のレストランやパティスリーを持つCyril Lignac氏が、2021年秋にOPENしたお店です。


古き良きパリらしさが漂うインテリアも素敵でしたが、爽やかな風が吹く心地よい夜だったのでテラス席に座ることに。

スタッフの方の笑顔も素敵で、楽しいディナータイムを過ごすことができました。


-- Café Lignac Website --

https://cafelignac.com/

食後は日没後の毎時00分にエッフェル塔がキラキラと輝くシャンパンフラッシュを間近で見るため【シャン・ド・マルス公園】へお散歩をしました。


このスケジュールを決めた時、正直なところ少し不安がありました。

15時間の長時間フライトを経て朝の9時にパリに到着した日に、22時からのシャンパンフラッシュを見る体力が残っているのかな?と思ったのです。

でも実際はフライトで熟睡できたおかげでこの時間でも全く疲れておらず、自分達でも驚くほどでした。


間近で見るシャンパンフラッシュは、何度目だろうと感動する美しさです。

初日からパリを大満喫し、ホテルへと戻りました。


こちらのホテルを予約してからずっと楽しみにしていたのが、Room Serviceでの朝食です。


お部屋に置かれている朝食のオーダーシートにチェックを付け、ドアノブにかけておけばオーダー完了。

何時にするか迷ったのですが、この時期は日の出が早いので朝7時以降であれば何時でも綺麗に写真を撮れるようでした。


撮られるより撮る派の私でも「これほど素敵なシチュエーションなら自分も写って思い出に残したい」と思ったほどの朝食タイムでした。


-- blog / Hotel Splendid Etoile --

https://lepetitjournal.jp/2023/07/31/hotelsplendidetoile/

この日最初に向かったのは、マレにある【カルナヴァレ博物館(美術館)】

4年半ほどの改修期間を経て、2021年春に再びオープンした場所です。

元々は個人の邸宅であったという美しく歴史的な建物で、古くから現代に至るまでのパリの歴史や文化、アートに触れました。


入館してすぐの場所には昔のパリの街を飾っていた看板が立ち並んでいて、ここは展示を目で見るだけでなく空間全体を楽しめる場所なのだと実感。

絵画はもちろん、彫刻や家具、写真など様々なものから歴史を感じることができました。


館内のショップにて販売されていた品も可愛いものが多かったので要チェック。

常設展は入場無料という点もありがたい、素敵な博物館でした。

PM 1:00

Café Hugo

ランチはヴォージュ広場に面した【Café Hugo】のテラス席で。

週末は予約不可ですが、タイミングよく待たずに入ることができました。


暑くも寒くもないこの時期は、テラス席での乾杯がとても気持ち良い季節です。

まさにパリのカフェといった雰囲気を味わいながら、ボリュームたっぷりのランチを味わいました。


-- Café Hugo Instagram --

https://www.instagram.com/cafehugoparis/

マレは有名な観光スポットがあるわけではないけれど、素敵なカフェやレストラン、そしてお洒落なショップも多いエリアです。

パリに来るたびに自分や友人用に買う【Poilane】のクッキー、【Jacques Genin】のチョコレートを今回も購入。

有名なセレクトショップ【Merci】では、ピクニック用の大きなリネンのバッグ&Non MerciシリーズのトートバッグをGETしました。


-- blog / Poilane --

https://lepetitjournal.jp/2019/11/19/poilane/


-- blog / Jacques Genin --

https://lepetitjournal.jp/2019/11/15/jacques-genin/

これまで数えきれないほどパリのカフェを訪れてきましたが、【RECTO VERSO】は中でも特にお気に入りと言えるほど素敵なお店でした。


テラス席がお洒落な外観が目に入った瞬間に "好きだ" と感じ、体温が少し上がったような気持ちに。

太陽の光が差し込む温かみのあるインテリアや、店員さんの柔らかな笑顔と優しい話し方にとても癒されました。


お砂糖なしでも甘みを感じられるアイスラテもとても美味しく、今度はおなかを空かせて焼き菓子も食べに来ようと心に決めました。


-- blog / RECTO VERSO --

https://lepetitjournal.jp/2023/06/11/recto-verso/

一日の締めくくりは【Kimpton St Honoré Paris】ホテルの屋上にある【Sequoia Rooftop Bar】で。

最高に美しいマジックアワーや夜空の下で、美しいパリの眺めをかみしめることができました。


受付のタイミング次第では待ち時間が長かったり、1人EUR40.00のミニマムチャージの設定があったりと注意点もありますがこのViewは格別。

オペラ・ガルニエから徒歩2分の場所にあり、エッフェル塔やラ・デファンスの高層ビル、遠くにはサクレクール寺院も見ることができます。

パリには複数Rooftop Barがありますが、エッフェル塔好きの方にはこちらがおすすめです。


シャンパンフラッシュを眺めながら最近の旅行事情やこれからの人生についてなどお喋りを楽しみ、素敵な時間を過ごしました。


-- blog / Sequoia Rooftop Bar --

https://lepetitjournal.jp/2023/06/13/sequoia-rooftop-bar/

前日に予約していた配車アプリのG7にて、ホテルからパリの【シャルル・ド・ゴール空港】へ向かいました。

 

エバー航空が発着するTerminal1に到着し、まずはチェックイン。

復路は台北の街中に出る時間を取っていなかったため、成田空港まで荷物を通しで預けることができました。


ビジネスクラス利用客が使える【スターアライアンスラウンジ】は、出国審査を過ぎ保安検査を受ける前のエリアにあるとのこと。

エバー航空のスタッフの方が「保安検査場を通過してしまうとラウンジには戻れないので要注意」と、丁寧に教えてくれました。

 

ラウンジはパン類の他にホットミールなどもあり、食事を楽しんだりコンセント付きのソファで仕事をするのにも便利な空間でした。

ドリンクを飲んで一息ついた後、免税店でのショッピングをしに保安検査場へと向かいました。

AM 11:20

パリ

エバー航空 BR88便にて、まずは台北へ。

【ロイヤルローレルクラス】という名のビジネスクラスで、所要時間は13時間10分。


今回乗った4フライトのうち、個人的にこの便が最も好きだと感じたのにはたくさんの理由があります。

  • 優しいアイボリーとベージュの色使い
  • 通路を挟んで隣の席の方と目が合わない1-2-1のヘリンボーン型シート配置
  • アメニティのとても可愛いフェラガモコラボのポーチ
  • フルフラットの状態でマットレスを敷いてもらい、ふわふわのブランケットに包まれた時の空飛ぶベッド感


まるでアトラクションを体験しているかのように胸が高鳴り、ビジネスクラス利用の長距離フライトは "単なる移動手段" ではないと改めて実感することができました。

楽しい時間を過ごしていたら、いつの間にかいくつもの国を越えて移動していたという感覚です。


-- blog エバー航空 Business & Premium Economy --

https://lepetitjournal.jp/2023/06/04/evaair-businessclass/

AM 11:30

パリ

BR88便では、2回の食事を楽しむことができます。

どちらも機内にてメニューを選ぶことが可能ですが、往路同様に復路もWebで事前予約をしていました。


離陸後すぐの昼食は、前菜から始まりイズニーのバター付のパンやオードブル、スープにサラダ、そしてメインに選んだBlack Tiger Prownsのサフランバターソース炒めにデザートというフルコース。

デザートは好きなものを好きなだけという嬉しいスタイルで、迷わずラデュレのマカロンとフレッシュなフルーツを頂くことに。

こんなにも豪華なコース料理を空の上で食べているということがなんだか不思議に思えてくるほどの贅沢な時間でした。


朝食はフレンチトーストメインの洋食をオーダー。

とても美味しかったのですが、チーズオムレツメインの洋食も中華スタイルの朝食も魅力的で、どれもこれも気になってしまう程でした。


これらの食事以外にもフライト中にお腹が減った場合、クロックムッシュなどの軽食を好きなタイミングでオーダー可能です。

またワイン好きな二人によると、このフライトで提供されていたワインがとてもおいしかったとのこと。

さすがワインやシャンパンのセレクションが表彰されたこともあるエバー航空だなと感じました。

PM 6:30

Taipei

あっという間に感じた13時間のフライトを経て、パリを発った日の翌日朝6時半に台北へ到着。

このタイミングで【Infinityラウンジ】を利用するのもおすすめですが、私たちはあまり時間がなかったのでそのまま搭乗ゲートへと向かいました。

※InfinityラウンジについてはDay1にご紹介しています


最後のフライト BR184では、エバー航空の機材で最も新しいドリームライナー B787-10の【ロイヤルローレルクラス】というビジネスクラスを利用しました。

見た目もスタイリッシュで機能もハイテク。

これぞ、みんなが想像する理想のビジネスクラスではないでしょうか。


3時間25分という短いフライトではありますが、実はパリにいる時から楽しみにしていたのがこの便で食べられる鼎泰豊の小籠包。

東京でも定期的に通うほど鼎泰豊ファンの私としては、空の上であの小籠包が食べられるなんてとても幸せでした。


成田空港到着後は、ビジネスクラスのPriorityタグのおかげですぐにスーツケースをGET。

パリを出てから成田に着くまで、終始心地よく疲れのない空の旅を満喫することができました。

これまで20回以上パリを旅してきた中で、台北経由でヨーロッパへ行く方法は思いつきもしなかったのが正直な所。

だけど実際に経験してみると、とても良いプランだと感じました。


「経由便は遠回りをする分、チケット代が安くなる」というイメージが【経由便だと目的地だけでなく乗継地も楽しめる】という印象にガラリと変わった今回の旅。

さらにエバー航空のビジネスクラス・プレミアムエコノミークラスでは、【移動時間そのものも楽しい・美味しい・心地よい】ということを実感することができました。


エバー航空では、パリ以外にもミラノやウィーンなど複数のヨーロッパの都市へ台北乗り継ぎで行くことができます。

このコレクションを通じて少しでもこの旅のスタイルの魅力が伝わっていたら嬉しいです。

Comment

45

コメントをしたい場合は登録ログインが必要です。