サムネイル

ワイキキ

TRAVEL COLLECTIONS

【前編】0歳3歳と行く子連れハワイ - リピーターが選ぶおすすめアクティビティとグルメガイド

コロナ蔓延後、約2年4ヶ月ぶりの海外旅行の旅先は大好きなハワイ、オアフ島へ。これまで30回以上訪れているハワイは、行くたびにその時々の楽しみ方があるのが魅力のひとつです。

今回は0歳11ヶ月の娘と3歳10ヶ月の息子、二人の子供たちと一緒の「子連れハワイ旅」。約2週間の滞在の中で選んだ、子供が楽しめるアクティビティや、周辺の家族で利用しやすいお気に入りレストラン・グルメ情報をご紹介します。

Travel Tipsとしてお得情報や注意事項も記載しているので、合わせてご覧ください。

ハイライト紹介

  1. Day1 アラモアナショッピングセンター
  2. Day2 ワイキキショッピング&子供の遊び場スポット
  3. Day3 カハラホテル イルカアクティビティ
  4. Day4 天国の海 プライベートチャーターツアー

記事の後半はこちらをご覧ください。

ハワイ旅行のお気に入りスポットやアクティビティはblogでもご紹介しています。

▼The Travel + Lifestyle
https://thetravelandlifestyle.com/

AM 10:00 ダニエル・K・イノウエ国際空港

約2年4ヶ月ぶりの海外。
久しぶりの国際線は羽田発JAL便(JL72便)を利用しました。

初めての子供2人を連れた海外旅行。コロナ禍での国際線フライトやラウンジ、免税店情報など詳しくはblogで紹介しています。

▼blog
2022年コロナ禍フライト – 3歳児と10ヶ月ベビー初めての羽田発JALハワイ便国際線搭乗レポート
https://thetravelandlifestyle.com/babytravel-tips-flight-jal-hawaii2022/

PM 12:00 トランプ インターナショナル ホテル ワイキキ

空港からは、事前に手配をしたVANタイプのタクシーで滞在先のホテル「トランプ インターナショナル ホテル ワイキキ(TRUMP INTERNATIONAL HOTEL WAIKIKI)」へ移動。

今回2週間以上の子連れハワイ滞在のため、大型スーツケースやベビーカーなどワゴンタイプのタクシーでも乗り切らない多さでした。(普段は定額制のチャーリーズタクシーを利用することが多かったです)

ちなみに、時間がかかると覚悟していた入国手続きは、とってもスムーズでした。

INFORMATION

HAWAII 23

https://www.hawaii23.com/
タクシーの場合、空港送迎33USD〜
大型VAN 53USDで利用可能

PM 1:00 ショッピングモール「アラモアナセンター」

ホテルでシャワーを浴びてから、早速アラモアナショッピングセンターへ。買い出しのためにいろいろ回る予定だったので、移動はカーシェアリングサービス「Hui」を利用しました。

まずはお腹が空いたので、フードコートで定番のプレートランチを。
カジュアルですが、味がクセになる「パンダエクスプレス(PANDA EXPRESS)」のオレンジチキンとブロッコリービーフはアメリカに行くと毎回食べてしまう定番フード。
他にも、「ヤミー・コリアン・バーベキュー(yummy KOREAN BBQ)」のカルビプレートも毎回滞在中に食べます!

Travel Tips
コロナ前はたくさん走っていたトロリーは、2022年8月滞在中ほとんどが運休。JCBカードの提示で無料で乗れるワイキキ⇆アラモアナのピンクライントロリーは走っていますが、30分に1本という少ない本数なので、ほとんど利用しませんでした。

PM 2:00 楽天カードアラモアナラウンジ

アラモアナにきた目的のひとつ、「楽天カードアラモアナラウンジ」へ。滞在中に使う二人乗りベビーカーをレンタルしに行きました。(なんと無料!最大7日間まで借りられます)

楽天カード保有者であれば無料で利用できるラウンジは、授乳室やおむつ替え、キッズスペースまで完備!子連れハワイの最強スポットです!詳しくはblogで紹介しているのでご覧ください。

【blog】
子連れハワイの強い味方!授乳室・キッズスペース・ベビーカーまで貸りられる楽天カードラウンジがアラモアナに
https://thetravelandlifestyle.com/hawaii-tips-rakutencardlounge-alamoana/

PM 3:00 アラモアナセンター

アラモアナセンターにはキッズやベビーグッズがたくさん!おもちゃやお洋服など、見たいものがたくさんあって何時間でもお買い物していられる…と思ってしまう私です。

必ず行くお店はたくさんあるのですが、おすすめスポットを5つご紹介。

  1. NY発のデパートBloomingdalesのキッズコーナー
    ベビーカーやおもちゃなど、コンパクトなスペースにまとまっています。
    ビジターの日本人向けに15%offクーポンを配布しているので、お買い物の最初にもらうのを忘れずに!(私は今回久しぶりの訪問で、もらうのをすっかり忘れていました…)
  2. HOPE & HENRY
    オーガニック素材の子供服は、デザインや色味も上品。ベビーからキッズまで揃っています。
  3. Macy'sのラルフローレンコーナー
    日本の半額くらいのお値段で買えるラルフローレンのお洋服。アラモアナセンター内のMacy'sが一番品揃えが多かったです。
  4. Barnes & Noble
    絵本だけではなく、おもちゃも豊富!今回息子用の英語ドリルなども購入しました。
    たくさん買う場合はメンバーシップ登録すると割引が受けられます。
  5. Target
    滞在中の簡易ベビーカー(25USD程度)やチャイルドシートなども揃います。ベビーフードや赤ちゃん用のお水、液体ミルクなども購入できますが、重いものはスーパーなどのオンラインストアで事前に注文、ホテルに届けておくと便利です。

PM 5:00 スーパーマーケット「フードランド ファームズ」

ワードセンターの「Whole Foods Market(ホールフーズマーケット)」まで行くつもりが、初日で疲れていたので予定を変更。アラモアナ内の「フードランドファームズ(Foodland Farms)」でデリを調達することに。

アメリカに来たら必ず購入するお気に入りのハニーマスタードドレッシングも見つけたので、フレッシュな野菜やポキなど、お部屋で楽しみました。

フードランドはハワイに本社があるスーパーマーケットだとご存知でしたか?旅行者でも電話番号だけで登録できる「マイカイ(Maika’i )」というメンバー・システムで割引も受けられるのでチェックしてみてください!

ちなみに、ローカルの友人が"フードランドのポキは美味しい!"というだけあって、店内でも番号札を取って並ぶほどの人気ぶり。私の中で、ハワイのお気に入りポキTOP3のひとつです。機会があればぜひ食べてみてください!(フレッシュアヒと解凍アヒがありますが、フレッシュがおすすめ)

INFORMATION

フードランドファームズ

https://jp.foodland.com/(日本語HP)

AM 8:30 朝食「In-Yō Cafe」

ホテル内「In-Yō Cafe (陰陽カフェ)」での朝食からスタート。何度か宿泊しているトランプホテルですが、朝ごはんをいただくのは今回が初めて。

大人は選べるメインとビュッフェ形式の'OHANA BREAKFAST(40USD)、3歳の息子は子どもメニューからKeiki Pancakes(10USD)を注文して、もりもり食べていました。

メインのアサイーボウルやボリューム満点のサイドメニューなど、お腹がいっぱいに。屋根はあるけれど、オープンエアーのレストラン空間は気持ちがよく、心も体も満たされる朝食となりました。
とてもマニアックなポイントですが、カリッカリに焼いたベーコンが大好きな私。肉厚でまさに大好物のベーコンも食べられて嬉しい朝でした!

INFORMATION

In-Yō Cafe

AM 10:00 プール

旅の前半は子どもたちの時差ボケなども考慮して、予定を詰め込みすぎずにのんびりと。お昼寝のリズムを取り戻すためにも、朝からプールでしっかり遊びました!

トランプホテルのプールはおむつをつけている赤ちゃんでも利用OK。水着用おむつの用意もあります。腰座りができる子なら、浅瀬に座って遊べるので、0歳の娘も大はしゃぎ。

東京都内のラグジュアリーホテルは、4歳以下がプール利用不可のところが多いものの、ハワイでは浮き輪の利用やベビーのプール利用もOKなのは嬉しいポイント。滞在中、何度プールで泳いだか...数えきれません。

トランプホテルについては、前回のコレクションやblogでも詳細を紹介しています。
キッチン、洗濯機付きの客室は小さなお子様連れにはぴったりの滞在先です。

▼blog
TRUMP INTERNATIONAL HOTEL WAIKIKI – ファミリーステイに大満足!トランプ インターナショナル ホテルステイ
https://thetravelandlifestyle.com/hawaii-hotel-trumpinternational/

PM 12:00 ロイヤル ハワイアン ホテル

徒歩でランチに向かう途中、お散歩がてらピンクパレス こと「ロイヤル ハワイアン ホテル(The Royal Hawaiian)」へ。朝6時から営業しているロイヤル ハワイアン ベーカリーのペイストリーに惹かれつつ、この後の食事のため我慢…(正午までの営業なので、購入したい場合は早めに訪れることをおすすめします)

毎回同じコースですが、ハワイ滞在中のボディーケア用品を買いに、「マリエオーガニクス(Malie Organics)」でお買い物。アパレルブランド、MYLANのコーナーもあるので、滞在中に着るお洋服も購入しました。
現在、ニューオータニの店舗がなくなったので、MYLANを探している方はロイヤルハワイアンへ足を運んでみてください。

せっかくなので、娘用のピンクグッズを探してホテル内のショップへ。今回は売り切れでしたが、実は0歳児用のベビーバスローブが欲しかったのです…

代わりにロイヤルハワイアンが描かれたステンレスボトルや、人気のぬいぐるみブランドJellycatのピンクタコさんなどを購入。クシャクシャ音が鳴る仕様で、帰国後も娘のお気に入りtoyのひとつになりました。

PM 1:00 レストラン「ウルフギャング ステーキハウス」

ワイキキ滞在中に必ず1回は食べるウルフギャングのロコモコとステーキサラダ。前回のハワイコレクションやTabiMUSE本でも掲載しています。

キッズメニューがあるか尋ねたところ、メニューはないけれど子供用にアレンジするよ!というサーバーさんのお言葉に甘えて、息子はチーズバーガーを注文。ベルト付きのハイチェアや、子供用に蓋付きカップでドリンクを提供してくれたり、とてもキッズフレンドリー!子供連れでも気持ちよく食事ができました。

Travel Tips
レストラン予約はほとんどオンライン(OpenTable)で行っています。ただ、オンライン上で枠がなくても、電話をすれば予約が取れることがあるので、気になるお店は電話予約もおすすめです。

PM 3:30 プレイランド「キッズ・シティー・アドベンチャー」

滞在中リピートした「キッズ・シティー・アドベンチャー(KIDS CITY ADVENTURE)」。ワードセンターの一角(元Bed Bath & Beyondの跡地)に2021年4月にオープンし、朝10時から夜9時まで営業している豪華な子供の遊び場です。

1階は小さな子供専用エリアで、授乳室やオムツ替え台も完備。2階にはウォータープレイやトランポリン、滑り台やごっこ遊びができるエリアなど驚きの充実ぶり。

マリンスポーツなど中心のハワイのアクティビティは、乳幼児が楽しめるものは実は少なかったり…そんな中で、スタッフ常駐、安心して楽しめる大きな室内遊び場はパパママの強い味方!次回のハワイでもリピート決定です。

コオリナ滞在中に足を運ぶ方も多い、カ・マカナ・アリイ内にも店舗があります。

INFORMATION

KIDS CITY ADVENTURE

https://www.kidscityhawaii.com/

Price:2時間22USD〜(10ヶ月〜13歳まで)
※付き添いの大人は利用時間問わず5USD
オンライン予約とWAIVER(権利放棄証明書)への事前記入がスムーズです。

PM 5:00 ベトナム料理店「ピギー・スモールズ」

人気のベトナム料理「ピッグ・アンド・ザ・レディ(THE PIG & THE LADY)」に行きたいけれど、ダウンタウンまで足を運ぶのは大変…そんなとき行くのがワードビレッジにある姉妹店「ピギー・スモールズ(Piggy Smalls)」。

甘酸っぱいタレが病みつきになるフライドチキンや生春巻き、そして定番のフォー。毎回注文内容は一緒です。フォーは大きいのでシェアがおすすめ!追加料金を払えば取り分けてもらえます。(スープの量が増えるため、追加料金が必要)

ただし、子供と取り分けられるメニューは少ないので、キッズシティのあと近くでごはんを食べるなら「元気寿司(GENKISUSHI)」の方がおすすめです。

残念ながら現在は閉業しています。

AM 9:30 ザ・カハラ・ホテル & リゾート

3日目から予定を入れてアクティブに行動!

ハワイに来たら毎回必ず訪れる「カハラホテル」。今回は3歳の息子がやりたい!と言うアクティビティのために足を運びました。

AM 10:45 ドルフィン クエスト オアフ

「ドルフィン・クエスト」は、カハラホテルで実施しているイルカと触れ合えるアクティビティ。まだ3歳だと選べるアクティビティが少なく、0〜4歳児も体験できるWee Family, Fins, and Fun(175USD)をセレクト。餌をあげたり、イルカをなでたり、ボールを投げてキャッチボールしあったり。15分間と限られた時間でも子供にとっては十分な内容。お友達親子と一緒だったので、写真撮影のカメラマンもオプションで申し込みました。

為替レートを加味して体験料(撮影込み)は約35,000円程度。にもかかわらず、息子は怖がってイルカを触ることも餌をあげることもしませんでした…残念!アクティビティに参加しなくても、ホテル内ではイルカを眺めることができるので、しばらくは見る専門になりそうです。

INFORMATION

ドルフィン・クエスト/Wee Family, Fins, and Fun

AM 11:45 レストラン「プルメリア ビーチ ハウス」

アクティビティの後はお楽しみのランチタイム。

ハワイにきたら「プルメリアビーチハウス(Plumeria Beach House)」のテラス席でシンパンケーキを食べる!が我が家の定番です。

ベビーカーも横付けでき、芝生で遊ぶこともできる子連れファミリーにとっての特等席!(と勝手に思っています)

温かいメープルシロップバターでひたひたにしたシンパンケーキに、追加のベリートッピングがお気に入りの食べ方。もちもちのパンケーキと甘く口の中で広がるシロップが最高の一品です。

実は普段朝食利用ばかりしていたので忘れていたのですが、こちらのメニューは朝限定。ランチで訪れたにも関わらず、快く作ってくれたカハラホテルのホスピタリティーに感動しました。

Travel Tips
他にも、カハラホテルの人気レストランと言えば、ウニパスタで人気のイタリアン「アランチーノ(Arancino)」。本当はランチを…と思っていたのですが、現在どの店舗もランチ営業は行っていませんでした。

PM 1:30 ザ・カハラ・ホテル & リゾート

カハラホテルのロビーで目をひくシャンデリア。28,000個もの色とりどりのベネチアンガラスに彩られたシャンデリアで記念撮影、と思いましたが、0歳3歳の子供たちと一緒だとなかなか難しい。子連れ旅のリアルも記載しておきます。

PM 3:00 ショッピングモール「カハラ・モール」

せっかくカハラ方面まできたら、カハラモールも立ち寄りたいところ。

中でも今一番のおすすめショップは、人気の雑貨屋さん「ソーハリビング(SoHa Living)」の子供用品専門店「ソーハケイキ(SoHa KEIKI)」。ハワイ島にもオープンしているようですが、とにかくカラフルで可愛らしい子供用雑貨天国!
まだまだ先ですが、娘のスクール用ランチボックスなど購入しました。アメリカならではの、いろんな柄のサンドイッチケースもおすすめです。

Travel Tips
カハラモール内にもMacy'sが併設されいるので、ラルフローレンのお洋服や子供用おもちゃを探している場合は足を運んでみてください。

PM 6:00 韓国焼肉店「スラ ハワイ」

定番のお気に入りを巡るハワイ!なんて謳いながらも、その日の気分で行き当たりばったり過ごすことも。夜ご飯に焼肉が食べたいと言い出した息子のリクエストに応えて、Google検索して見つけた「スラハワイ(Sura Hawaii)」へ。行くまで知らなかったのですが、なんと食べ放題の韓国焼肉屋さんでした。

サムギョプサルやプルコギなど、ALL YOU CAN EAT方式で大人28.95USD、子供14.95USD。(3歳以下無料)キムチチゲやビビンパなどもなかなか美味しかったです。

アメリカの食事に飽きたら当たり外れの多い和食よりも韓国レストランへ!というのがマイルール。ハワイの定番「ユッチャン コリアン レストラン(Yu Chun Korean Restaurant)」なども滞在中足を運びました。

Travel tips
現地在住韓国人の方におすすめされた安くて美味しい韓国料理店「Million Restaurant at Sheridan」のきゅうり冷麺を次回は食べてみたいと思っています。

INFORMATION

Sura Hawaii

PM 8:00 ザ・クッキー・コーナー

夕飯を済ませた後、お腹がいっぱいなのでワイキキ界隈を少し散策。

デザート代わりに子供の頃から大好きな「ザ・クッキーコーナー(THE COOKIE CORNER)」のチョコレートチップを購入しました。アラモアナに限らず、ワイキキビーチウォークやアラモアナにも店舗が増えて嬉しい限り。
カップに入ったミニサイズのチョコチップクッキーが一番のお気に入りで、滞在中何度も買いに行きました。(お土産用のボックスに入ったミニクッキーとは硬さが違うので、断然店舗でのカップ購入派です)

Travel Tips
夜の治安についていろいろな声を耳にしますが、以前と変わらないと言えば嘘になります。8月は日本人は少なく、アメリカ本土やインド、韓国人の方が多かった印象です。

AM 9:00 アクティビティ「キャプテンブルース 天国の海Ⓡ」

ハワイのおすすめアクティビティ「キャプテンブルース 天国の海Ⓡ」。オアフ島の絶景スポット、カネオヘサンドバーにアクセスできる人気のマリンアクティビティはこの旅最大の楽しみのひとつでした!

スピードボートチャーター(最大6名乗船/900USD)は、バスでの送迎、乗船中のフリードリンクやスナック、SUPやシュノーケルの貸し出しを含む、約3時間のプライベートツアー。小さなお子様連れの方にもおすすめしたい、安心・快適のアクティビティについて、blogでも紹介しています。写真とともにご覧いただけると嬉しいです。

▼blog
ハワイの絶景カネオヘサンドバー!0歳から参加できるプライベートクルーズツアー「キャプテンブルース 天国の海Ⓡ」
https://thetravelandlifestyle.com/hawaii-activity-captainbruce-kaneohe-sandbar/

これまで海に行ったことがなかった娘。生後11ヶ月で、カネオヘサンドバーにて記念すべきビーチデビューを果たしました!

透明度が高く、浅瀬で波も穏やかで、その名の通りまさに天国の海。

この景色が見たくて、キャプテンブルースのチャーターツアー利用は今回で3回目になりました。これまでの女子旅、両親との家族旅に続き、記念すべき3回目は友人親子と私の母を含めた三世代利用。小さな子供連れでも周りの目を気にせず、マイペースに過ごせるのはチャーターツアーならではです。

普段は泳ぐよりも海は眺める派ですが、綺麗な海を目の前にして、急遽シュノーケルに挑戦することに。まだ泳げない3歳の息子は透明の窓から海の中を覗けるタイプの乗り物に乗って、0歳の娘は浮き輪のまま一緒にシュノーケリングスポットへ。この時、船長が先導して一緒に案内してくれたので安心でした。

ツアーオプションで借りられるGoPro(38USD、SDカード付き)で出会ったウミガメを撮影。水中カメラを持っていない方はレンタルオプションがおすすめです。

3歳の息子は、お友達と一緒にSUPを楽しんだり、ウミガメに遭遇したことが印象に残った模様。もうすぐ4歳、いろいろと記憶に残る年齢に差し掛かってきたタイミングでのキャプテンブルース 天国の海® カネオヘサンドバーはとてもいい経験になりました。

INFORMATION

キャプテンブルース 天国の海® カネオヘサンドバー

HP:https://cptbruce.com/jp/
Instagram:@cptbruce_hi(https://www.instagram.com/cptbruce_hi/
開催曜日:月〜土(日曜休み)

環境保護のためカネオヘサンドバーへの上陸が禁止になったという噂がありましたが、現在は上陸可能、ツアーも遂行されています。(ロックダウン中、州立公園への立ち入りが禁止に。州立公園の一部であるカネオヘサンドバーも禁止対象となりましたが、ロックダウンが解除された現在、カネオヘサンドバーへの上陸も許可されています。)

PM 8:00 レストラン「Podmore」

夜は今回のハワイ滞在中、唯一のママお一人様時間。ダウンタウンにある、昼はブランチスポット、夜はバーとして人気を博している「ポドモア(Podmore)」にお友達と足を運びました。

こちら、ダウンタウンの人気レストラン「セニア(Senia)」のオーナーシェフ、アンソニー・ラッシュが手がけたお店。美しいフードプレゼンテーションに加え、ユニークなひねりをきかせたカクテルなど、2軒目のバー利用というより、ここメインで訪れたいお店です。オーセンティックな店内インテリアにも注目。次回はブランチでも訪れたいと思っています。

INFORMATION

Podmore

MUSE

この記事を書いたライターのプロフィール画像
Michelle親子トラベラー・ホテルライター

親子で旅するママトラベラー。複数ウェブ媒体にてトラベルライターとして活動。 2021年に第二子を出産し、二児の母に。子ども目線の家族旅、ママにとってのご褒美旅。どちらも...

VIEW MORE